2015年04月06日

摩耗方程式??

Science Newsline Nature & Earthという
自然と地球科学のサイトで興味深い話を読みました。
タイトルは「川原の石はなぜ丸いのか?」
え〜、そんなの川上からコロコロと石が流れてくる間に
角が削れて丸くなったって話じゃないの?いまさらなんだろう??
な〜〜んて気持ちで読んだんですが…

地質学者の間では、何世紀にも渡ってこの問題の解明を努力してきたそうですが
いまだに解答が得られて無いんだそうです。
流されて削られて丸く小さくなるんじゃなくて、
初めから小さくて丸いから流される可能性もあると言う事。
鶏が先か卵が先か?みたいな話ですね。

で、難しい話を端折ると…この問題解明に数学者が答えを出したそうです。
石の話しに数学者??
ビックリなんですが、地質学者は石が丸くなるのは摩耗とは考えていなかったんですって!
どんなに転がしても尖った部分は削れるけど
実験では、直線部分や凹み部分は削られて摩耗しないらしい。
これを数学者が方程式化して解いたらしいです。
う〜〜〜ん、よく理解できなんですいけど…(汗)

要は、河原で石を拾ったたら、この摩耗方程式使えば
その石がこれまでに、どれだけの距離をどれだけの時間をかけて
流れてきたのかが判るらしいです。
なんとまぁ、石1個が壮大な科学と結びついてるんですねぇ。
石ってロマン!(笑)

mamou001mamou002

inada_design at 12:02│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔