2015年02月10日

これは、やりたい!

なんでも「枯山水」というボードゲームが、静かに流行っているとの話。
これは、日本庭園造りをテーマにしたモノらしく…

プレーヤーは、庭師として砂や苔をのタイルを1枚ずつ引きながら
ボードに並べ、そのうえに好きなカタチの石を置いて造園するらしいです。
ただ、そこはゲームですから
ポイントが付いたり、造園のカタチによってボーナス加点などもあって、
なかなか凝ってるようです。
そして、「わびさび」の出来映えで勝ちが決まるんだそうです。
う〜〜〜っ、なんとも渋すぎるゲームですねぇ。

石屋としては、本物の石が使われているところで萌〜〜です。
ちょっとやってみたい!

でも、手作り生産らしく、月産150個という少量生産。
だからお値段も8,100円と、ちとお高い。

でも、SNSでは、自分が完成させた自慢の庭園が
続々アップされているんだそうで
やっぱり、石好きを集めて、ちょっとみたいです。

出典:New Games Order;LLC.

karesansui001karesansui002karesansui003

inada_design at 11:19│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔