2014年09月12日

街の石(その3)

街で見つけた石の3回目は「石の灯り」です。
ちょっと風化した風情の大谷石の上にライトがくっついてました。
風化してるだけでなく、わざと穴を空けたりして、造形っぽくなっていました。

時間が経って暗くなったので見に行くと
案の定、あかりが灯っていたんですけど…ちょっと残念な結果。

どうせななら意匠を施した大谷石の中に。ライトを仕込んで欲しかったですねぇ。
そして、穴から灯りがもれる感じだったら
なお一層良かったのになぁ。
大谷石は柔らかいので、あれこれ自分で造形を作って
ライトを仕込婿とが出来ますから、ずっと格好良くなると思いますよ。

もうすぐ秋。
庭でもベランダの鉢植えの側にでも
大谷石製のライトカバーを設えたらいいですよねぇ。
虫の音と相まって、きっと秋の風情が増しますよ。

light001light002

inada_design at 14:52│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔