2014年07月22日

一幅の絵

この3連休。長野にショートトリップしてたスタッフから写メが届きました。

まるで、一幅の絵みたいな写真。なんだか、とても美しいです。
焼き杉の様な濃い横板の上はひび割れた土壁。
これだけでも風情があるのに、なにやら上から吊されています。
おそらく唐辛子だと思うのですが…麻紐に、重りの小石。
良い景色ですねぇ。

特にこの小石が良いですね。
いや、決して石屋だからじゃないですよぉ。(笑)

漬け物には、大きくて重い石。
ちょっとした重り代わりには、これ位の石。
扉をちょっと開けとくにも、石でつっかい棒代わり。

田舎の生活には、身近に石があります。
それが、こうして絵になる。あぁ、良いですねぇ。

tougarashi0722

inada_design at 16:11│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔