2014年04月10日

春の京都から石報告(その3)

今日は、京都で見つけた"石貼り"をご紹介しますね。
私が勝手に、モザイク貼りって命名してるんですけど…。w

洋の石畳とは趣が違いますねぇ。
ピンコロの様に四角い石を貼り込んだのがヨーロッバ風石畳とすると
京都では、不揃いの自然石が主に使われていました。
これが、何とも言えず美しいんですよねぇ。
樹木周りに敷き詰めたり、コンクリートの道の端に
ちょっとした側道として水の流れを寄せたり
はたまた、階段として設えられた大石の周りにアクセントとして置かれたり。
その用途や意匠は様々ですが…いずれも、いい感じ!

それぞれが一幅の景色です。
アスファルトに比べると、なんと美しいのでしょうか?
新しく造成される公園や公開空き地などのフリースペースが
こういう風になったらステキだなぁ…などと思っちゃいました。

mosaic001mosaic002mosaic003mosaic004mosaic005mosaic006

inada_design at 12:25│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔