2013年09月19日

新聞で見つけた石ねた(その2)

先日の新聞に、奈良県の持聖院(じしょういん)にある
薬師如来像の石仏が、かの仏師・快慶の作であると判ったとありました。
うわ、歴史の教科書に出てくる快慶!
しかも、快慶最古の作品であると判ったそうです。
なんと1189年。気の遠くなる昔ー。
しかし、石に彫ったモノはここまで長寿なんですねぇ。
もうこの欄に何度も書いていますが
プリミティブなモノほど幾星霜の年月を超えていけるんですね。

新しいメディアは、基準が変わると保存したモノが、読めなくなってしまいますが
石に彫ったものは1000年でも保つんです。
情報量の多寡は別ですが、石に刻む事をもう少し考えても良いかな?
な〜んて、石屋は考えてしまいます。

例えば、津波がここまで来た!と、津波位置を刻んだ碑ですとか…
こういうモノは、民間では書類よりもDVDよりも勝ります。
直接目で見え、メディアを介さないので
老若いずれの年代にもしっかりと判りますもんね。

そういう石に刻むモノを、古来からある石碑だけでなく
ちょっと考えてみたいと思いました。

unkeikaikei001unkeikaikei002


inada_design at 10:46│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔