2013年08月27日

ストーン・エッグ

六本木のギャラリーにも、大理石のストーンエッグがありますが…
スタッフが旅行で行った箱根には、"つぼおし たまご"として売っていたそうです。
ま、卵形の石は、見てるだけでもキレイだし
色々な使い方があって良いですよねぇ。

しかし、自然から学ぶことは多くありますね。
卵は長い年月のなかで、割れにくい形状として、いまのカタチになったみたいです。
そして、このカタチから、衝撃に強い安全なクルマの形状が生まれています。
ま、それだけでなく、この形状は転がっても遠くに行かないんですよね。
転がっても、先っぽを中心に同じ場所に留まる感じ。
さすが卵。巣から遠くに行かないようになっています。

と言うことは、ストーンエッグを握ってリラックスしている時
万が一、手から離れても遠くに転がって行かないですね。w
やっぱり、自然は先生です。

これからも、自然に学びながら
快適に暮らす「石のある生活」を提案していきますね。

egg001egg002

inada_design at 10:07│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔