2013年07月29日

夏の京都から石報告(その4)

同じく雲龍院さんで、不思議なモノを見つけました!
立ち入り禁止の廊下に、なにげにディスプレイされていたんです。
なんか、不思議ですよねぇ?
現代風のモダンな活け花みたいです。

バランス良く点在されたガラス器には、
涼しげなガラスと思われる物が詰められ、花が活けてあります。
そして、側にはガラスの球体。
このあたりに仏教色を感じますねぇ。
そして、ガラス器を繋ぐように、ごく小さな粒の黒石が置かれています。
伸び上がってみると…墨痕にも見えて
まるで、粒石で書いた文字のようですねぇ。
しばし、見とれちゃいました。
その割りには、ピントが来て無くて焦りますすが…w

そうか?こんな石の使い方もあるんですね。
ショーウインドゥのディスプレイにも使える技ですねぇ。

rouka001rouka002rouka003

inada_design at 11:01│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔