2013年07月24日

夏の京都から石報告(その3)

泉涌寺別院・雲龍院さんで、面白いモノを見つけました!
なんと、「瞑想石」です。
これは、境内中庭を望む縁側に内側に、緋もうせんが敷かれ
そこに椅子と共に置かれていました。

まずは、説明看板に則って、瞑想石に左右の土踏まずを載せ
口からゆっくりと「あ」の声を出すつもりで
それがお庭に広がって行くイメージで息を吐きました。
そして、緑深い瑞々しい空気を鼻から取り入れるように吸い込みました。

平日の午前中とあって、誰もいなかったので
心遊ばせるように、瞑想。う〜〜ん、心が洗われるー。w

なんの変哲もない丸石が、お寺さんにあると霊験あらたかに感じますが…
それだけでなく、石という"自然"に触れていると
気が静まるんじゃないでしょうか?

お家でも、テーブルの下や、冬ならこたつの中に丸石を置いたり
会社のデスク下に、置くのもアリですね。
時々靴を脱いで目をつぶり、深呼吸するだけでストレス解消かも?
マイ瞑想石、あなたもいかがでしょうか?

meisouseki001meisouseki002meisouseki003

inada_design at 11:46│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by ビーンズ   2013年07月24日 12:22
お寺の魂が入った石なんでしょうか?
ちょっと興味あります。
2. Posted by inada_design   2013年07月24日 14:11
たぶんですが、普通の石だと思います。
おそらく、呼吸の仕方が大事で、その集中のために
石を使ってるんじゃないでしょうか?←あくまでも想像です。
ですから、ご家庭でもできるかなぁ?って思ったんですが
魂が入った特別な石だったら、恐れ多くて足をのせられないですねぇ。
でも、気持ちよかったですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔