2013年07月23日

夏の京都から石報告(その2)

まずは、ホテルから近いので泉涌寺さんに向かいました。
紅葉のお寺もいいですが、緑が濃くなった夏のお寺さんは
建物の濃い茶色と外漆喰の白がコントラスト良く見応えがありますね。
そして、御座所庭園の苔むした石。
時代を経た石は、それだけで美術品の面持ち。萌えますわ〜。w

重要文化財の楊貴妃観音像を拝観したあとの外に
苔むして峨々とした石がありました。
シダ類も顔を覗かせて
わー、いいなぁと、iPhoneカメラを向けてパシャ、パシャ!
しかし、後から見ると石化したような樹に見えます。
いや、たぶん折れた樹が風化したんでしょうね。←老眼の悲しさ。

気を取り直して、同所にあった苔むした岩も載せておきます。
京都の猛暑に耐えて、カラカラになりながらも緑を残して…健気〜。
やっぱり、庭石は苔が生えて一人前でしょうか?
でも、これがなかなか生えないんですよね。

kokeishi003kokeishi002kokeishi001

inada_design at 11:34│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔