2013年07月18日

大事な事は石に刻め?

調べ物でネットを売り売りしていたら…犬も歩けば棒にあたる的に
石ネタに、ぶち当たりましたぁ。(汗)

「シンガポールの石」と題された記事で
なんでも、いまだに解読出来ない文字が、世界には色々あって
そのひとつが、1819年にジャングルで発見された、この碑文だそうです。
元の石碑は壊れてしまっていたので、断片だけだそうですが
11〜13世紀のものらしいとの事。
残念ながら、内容はいまだに解明されていないようですね。

で、ふと思ったのですが…
ちょっと昔だって、ビデオもβとVHSがあって、やっと仕様統一ができたと思ったら
ビデオが廃れて、CDやDVDに焼くというように代わりましたね。
DVDもすぐにブルーレイに進化したりして…
おかげで、我が家のレーザーディスクは、もうだいぶ前にお蔵入りです。(汗)
息子が小さかった頃の運動会の勇姿や
想い出の旅行なども、古いメディアに書き込まれたまま、もう観る事もできません。
デジタルデータの現代、メディアの仕様が変わると
情報に触れる事も出来なくなるんですねぇ。

ということで、いまでも古い情報を堀起こせるのは
遺跡や史跡に残る石碑だったりするんですよね。
大事な事は、ゼッタイに石に刻まなくっちゃ!ってワケです。w
でも前述の碑文みたいに…
その文化を創った民族が淘汰されると読めないんですけどね。(汗)

stone0001stone0002


inada_design at 11:20│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔