2013年05月22日

手水鉢コレクション(その2)

今日ご紹介の手水鉢は
水受け部分が手彫りで不定形のモノです。
キリッと正円で、底に行くに従って広がる、いわゆる"ミカン堀り"
そう、ミカンを横から見たような断面に掘ったものは
正統派として、イイ感じです。

でも、このように手彫りというのも野趣があって良いもんですね。
石の外観に合わせて、彫る感じでまとまりがいいです。
素朴な感じもあって、好かれますね。
キッチリ四角く掘れたモノと違って、ゆる〜い四角もほのぼの〜。

木陰に設置されたモノは、葉陰がキレイ。
水があっても無くってもイイ感じ。

tyouzu002tyouzu004tyouzu008

inada_design at 11:47│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔