2013年04月25日

野面積みが美しい!

先日、所用があって国立に行きましたが、武蔵野の面影があって良い街ですね。
で、旧家の広さにビックリしました。都心じゃ考えられない広さ!
しかも、それを高い塀などで囲わず、背の低い石垣だけ。
いやぁ、いい感じでした。
ご覧のように、樹の大きさに比して石垣が低いですよね。
近寄ってみると、この石が案外デカイです。インパクトありです!

自然石をそのまま積み上げた「野面積み(のづらづみ)」で
石のカタチが、まちまちで美しい。こういうのは、石垣フェチとしては大好き!
大昔、お城の石垣としては、石のカタチの統一性が無く
隙間や出っ張りが出来て、敵に登られやすいと嫌われた積み方ですが
こういう地境にはいいですよね。
なんと言っても排水性に優れているのでエコでいいです。
石の間から植物が顔を出すのもいい感じ。

ちょっと覗いてみると、内側にも石が積まれ
その間にきっちりと土盛りされています、これで、石が動かずガッチリします。
セオリー通りの野面積みですねぇ。良い職人さんの技かも?

nozura001nozura002nozura003

inada_design at 11:05│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔