2012年11月13日

潤す溶岩、香る溶岩

先日、溶岩で天然加湿器という記事を書きましたが
ちょっと、そのアイディアを絵にしてみました。

中身をくり抜いた円柱の筒の側面に穴を穿ちます。
そこに溶岩の固まりを差し込みます。
くり抜かれた円柱のなかには、砕いた溶岩をキッチリ詰めます。
さて、これで終了です。

溢れないように、上から水を注ぎ溶岩に湿り気を与えれば
ジワジワと湿気を吐き出し、天然加湿器になりますね。
とは言え、直径10cm程では部屋全体を保湿するほどの効力はないので
デスクトップに置いて、身近な加湿器として使いましょう。
見た目は、「溶岩の鳴る木」という面持ちで
ちょっとアートぽいかな?
(誰ですか?原木シイタケみたいなんていう人は…)

時々、水をスプレーするワケですが…
その時、ちょっとルーム・フレグランスも加えると
リラックス効果も得られるかもしれませんね。
無骨な溶岩の木から、さやかな菩提樹の香りがするなんて
ちょっと良い気がしませんか?

yougan111301yougan111302

inada_design at 16:33│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔