2012年01月12日

非公開文化財を見に行こう「東福寺・龍の庭」

お正月らしく、何か今年の干支にちなんだモノでも考えようか?
なんて思っていたところ、今朝の朝日新聞に"「非公開文化財」を見に行こう。"
という記事を見つけました。ここには辰=龍と言うことで
龍にちなむ文化財が多く紹介されていました。

しかも、これらは、全て普段は見られない文化財を特別に拝観できる、
京都「非公開文化財特別公開」の特別拝観。(3月18日まで)
今年は、いつもより多く13ヵ所が公開されるらしく、
建築・仏像・襖絵・庭園…など
様々なジャンルから選りすぐりの文化財が見られるとありました。
いやいや、ちょっと心惹かれましたね。

なかでも、東福寺・龍吟庵の西庭「龍の庭」には、グッと来ちゃいました。
これは昭和の作庭家・重森三玲によるもので
龍が海中から天へ、黒い雲に包まれて昇る光景を表現したものとのこと。
あまりにも有名な、竜安寺・石庭に勝るとも劣らない迫力で
期間中に、ぜひ見に行きたくなってしまいました。

新聞には1カットしか載っていなかったので
他の画像を探していたら
「京の四季 名勝散策 写真集」というサイトに出会いました。
http://blog.goo.ne.jp/kappou-fujiwara/e/292bbaf4cb020a6485f2f360d3675572
いやぁ、実に素晴らしいですねぇ。
3月までということは、新緑とのコントラストでは見られずに
冬枯れた風情のなかで見ることになりそうですが…
やっぱり、行こうかな。

※2番目3番目の写真もサイトから拝借しました。

tastu001tastu002tastu003

inada_design at 17:47│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔