2011年11月25日

石の廊下

先日、ギャラリー・スタッフが箱根に行ってきました。
本当は、私が行くところだったのですが
いろいろな事が重なり、スタッフに行ってもらう事になりました。

箱根に行ったら、仕事とは別に、何か石ネタを撮ってきてね。
と、頼んでいたのですが、そうそう面白いモノも無いだろうなぁ…
なんて、期待半分だったのです。

でも、ちょっと面白い拾いものがありました。
場所は、堂ヶ島の"大和屋ホテル"。
そこの廊下が面白いんですねぇ。
黒玉砂利の廊下なんですが、玉砂利が塗り籠められています。
頭半分だけ出てて、足裏健康法のマットみたいです。(笑)
飛び石ならぬ、飛び板もはめ込まれていて
何だか、石と木が逆のようです。ここが面白ポイントですねぇ。

廊下全体を見渡せば、黒い玉砂利が茶色の板とコントラストがキレイで
良い景色になっていますよねぇ。
屋外に玉砂利を敷くのはよくありますが
屋内の廊下が玉砂利って言うのは、なかなか見ない気がします。
しかも、創業が天保という歴史を誇る宿ですから
この意匠もずいぶんと昔のものらしいです。
でも、いまでも古びて見えませんよねぇ。
こんな玉砂利の使い方もあるんだなぁ、と教えて戴いた気がしました。

rouka01rouka02rouka03

inada_design at 10:36│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔