2011年11月14日

円柱の花立て

朝晩は、めっきり寒くなってきて、いよいよ冬の訪れでしょうか?
街でも紅葉がキレイですが、花の姿は少ないですね。

でも、寒くなってくると切り花は日持ちが良くなって
家の中では、花を愉しむ機会が増えてきそうです。
そこで、石の花器を考えてみようかなぁ…でも、ありきたりじゃつまらないし。
あれこれとイタズラ書きをしていて、円柱の花器を考えつきました。

円柱の側面を穴を穿つように削って
そこに活け花などで使う"オアシス"を詰め込みます。
そしてここに花を挿すわけです。立てた時に底に当たる部分は
ちょっと掘り下げておけば、水がたまって良いかも?
長いモノや短いモノを用意して、いくつか組み合わせれば
レストランやショップを彩るアレンジになりそうです。
石の側面に花が活けられてるのは、ちょっと人目を惹きそうですよね。

背中の部分を面取りしておけば、樋のように寝かせて使う事も出来ます。
立てたり寝かせたり、その時々でアレンジの幅が広がります。

蘭系の花なら、寒くなってくると俄然日持ちが良いので
ゴージャス感を長く愉しめそうです。

hanatate01hanatate02

inada_design at 15:23│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔