2011年10月18日

書道家のお庭

本社近くに、書道家のお家があります。
そのお家は、古式ゆかしき家屋かと思いきや
コンクリート打ちっ放しの外壁で、ちょっとモダンな感じです。
塀も垣根ではなく、スチールとガラスで出来ているので
通りがかりに中が見え借景が愉しめます。

枯山水(?)なのか?
あまり植栽はされていなく、土と石がコントラストを醸しています。
唯一、和っぽく木賊(とくさ)が緑を添えているくらいですね。
置いてある石も無造作感が漂う感じですが…
なんだか、深い洞察があるようにも思えます。
まぁ、こうしてあれこれ妄想するのも、人の家の庭を眺める楽しみですね。
なんて勝手な事を言ってますが…(汗)

3番目の写真の灯籠めいたモノは、見た事のない形状で
ちょっと惹かれました。
笠は灯籠っぽいけど、あの小さな穴はなんだろう?
灯りじゃ暗すぎるしね。どことなく中国の意匠も感じますね。

街で、石の造作物や庭などにひょっこり出合うのは
望外の楽しみです。

garden01garden02garden03

inada_design at 12:05│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔