2011年08月12日

ミートプレスで、鶏肉パリパリ

我が家の昨日の晩ご飯は、チキンでした。
皮をパリパリに焼いて、身はふっくらとジューシー仕上げ。
それというのも、「ミートプレス」という金属製の重しがあったからでした。

豚や鶏は肉が焼ける時に、反っくり返るので
なかなか、一面全部をパリッと焼くのが難しいですよねぇ。
そんな時、上から自重で押さえてくれるので、キレイに良く焼けるんです。
案外、すぐれもの〜〜!って感じでした。

そこで、重い事なら石だって負けてません!
と言う事で、石製のミートプレスを考えてみました。
まずは、カーリングの様なカタチで、一体成形の持ち手にしてみようかと。
余分な水分や脂分が出るための穴も開けて…良い感じ!

でも、描いてるうちに…大体700gくらいとして
700と穴が空いてるのも面白いかも?とか
チキンや、豚、その他??ってピクトグラムの穴が空いてたらカワイイ?
などと、思いついちゃいましたぁ。

金属は、いつもピカピカですが
石は使い込むほどに黒光りしてくるでしょうねぇ。
ダッチオーブンみたいに、育てる調理器具!
なんて、ワイルドな男料理にピッタリだと思いませんか?

(※お知らせ 来週の一週間はギャラリーは夏休みです。ブログもお休みとなります。)

meatpress01meatpress02meatpress03


inada_design at 12:03│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔