2011年08月10日

友部便り02

友部に出かけたのは、不祝儀だったらしく
斎場の写真も送られてきました。

石の街らしく、どこかの美術館かと見間違うほどの景観でした。
建物はもとより、周囲には大きな砕石が散らされ
彼岸と此岸を結ぶ景色として相応しい厳かさがありますね。
こういうところは、砂利ではなく砕石にするところがいいですね。
これなら、絶対に人は立ち入りませんからね。
と言う事は、家の周りでも防犯と景観を兼ねて
砕石を使うというアイディアで何か出来そうですねぇ。

ベンチも石で、自然石に切り込みを入れて
石板を渡す感じで、キレイに自然に溶け込んでいます。
まぁ、今日のような猛暑では石製のベンチは敬遠したいですが
見ているだけなら美しいです。
そうか、見るベンチという工作物の考えもありますね。

tomobe04tomobe05tomobe06

inada_design at 11:57│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔