2011年07月26日

部屋を彩るアートスタンド

ギャラリーのある六本木では、国立新美術館において
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション」
という長〜〜い名前の展覧会が開催されています。(笑)
どういうことなんでしょうねぇ、こういうネーミングって。
「ねぇ、何を観てきたの?」って尋ねられても答えられませんよね。
「うん、印象派かな?」って感じでしょうか?
無駄話はさておき…

これを鑑賞した友人がギャラリーに寄ってくれまして
お土産!と言って、セザンヌの水彩画が描かれたポストカードをくれました。
最近趣味で水彩画を描いてるのを知ってのプレゼントのようです。
なんて事のない画題なのに、セザンヌは上手いなぁ。(当たり前ですね)

早速、ギャラリーにあった「マルチスタンド」にセッティング。
うん、良い感じです。
これは、トルコ産のミントグリーンの石をカットしたモノです。
断面を鏡面に磨いてあって、美しい模様が出ています。
よく見ると、この模様もアートですねぇ。
ちなみに後ろ半分は、掘り出したままの自然な感じになっています。
セザンヌの色調と合ってますねぇ。
仕事机の脇に、こんなアートスタンドがあると和みます。

artstand01artstand02artstand03

inada_design at 11:03│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔