2011年07月19日

居酒屋は、石使いの名手?

先週末でしたが、打ち上げで居酒屋に行きました。
居酒屋と言っても、今風の何と言うのか…そう、和風ダイニングですね。
大谷石の床に壁面は珪藻土と石の組み合わせ。
入り口脇には、40cmほどの極小の坪庭。
細かいところに気を配った作りで、和みますねぇ。

特に石を結構使っているので、石屋には心地良いです。
休日の宴会なので、手ぶら。
マネークリップをポケットに突っ込んだだけでした。
ケイタイも持って出なかったので、写メも取れませんでした。

そこで、思い出しつつメモ書きしてみました。
入り口脇、キャッシャーの処には、最初の絵のように
石柱が高低差で2本立っていて、その周りに白の玉砂利と"龍のヒゲ"。
全体白っぽい石と、"龍のヒゲ"の濃い緑が良い感じでした。

小部屋に分かれた宴会スペース脇にも極小坪庭。
こちらは、小さな竹垣の向こうに自然石と穴を穿っただけの灯籠。
姫竹も植わっていましたね。(たぶん)
酒が入っちゃってたので、細部は定かではありませんねぇ。(汗)

いずれも40〜50cm角ほどのスペースだったので
マンションや玄関脇のニッチスペースを和モダンに彩れますね。
ちょっと大胆に、廊下の取っ付きに配しちゃうなんて言うのも良いですねぇ。

今風の居酒屋は、よく見ると石使いの名手かもしれません。
こっちもウカウカしてられません。ガンバロウ。

izakaya01izakaya02

inada_design at 15:56│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔