2011年07月15日

夏休みには、石見物

もうすぐ夏休みですねぇ。
連日の猛暑にギャラリースタッフは、
スーパークールビズ仕様で出社しておりますが
内心では、この格好のまま海にでも行きたくなってるんでしょうね。
さぁて、今年の夏はどこに行きましょうか?

そんな、お気楽な事を考えていたら…
ちょっと前の日経の記事を思い出しました。
ちょっと、心に引っかかって取って置いたんですよね。

紹介されていた処は、秋田県湯沢市。
私は疎くて知らなかったんですが、この景観には惹かれました。
なんでも、平安の歌人・小野小町が生まれ、そして終焉を迎えた地らしいです。
他にも、恐山、立山、そしてこの地の「川原毛(かわらげ)」が
日本三大霊地だそうです。
そういえば、どことなく異境の佇まいがありますね。

まぁ、今風に言えば「ジオサイト・スポット」と言う事でしょう。
緑に覆われた山の中に忽然と現れる白い山肌。水蒸気や硫黄の臭い。
湯尻沢渓谷は、地獄さながらに剥き出しの地球が見られます。
大地の恵みは、収穫物だけでなく「自然」と言うモノもあるんですから
今年の夏は、生の石を見にいく!なんて言うのはいかがでしょう?
当たり前ですが…秋田は東北。
復興支援もかねて秋田に遊びに行くという側面もありますね。

yuzawa0715


inada_design at 14:17│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔