2011年06月20日

新プリザーブド・フラワー台

L字型の"プリザーブド・フラワー台"は
震災時に、ギャラリーの棚から転げ落ち、いくつかが壊れました。
L字型故に前に振られた時に弱く、落ちたんだろうと思います。

ギャラリーの棚も寂しいので、新プリザーブド・フラワー台を考えてみました。
ラフ用の紙に、あれこれと思いつくままにスケッチ。
やっぱり、台座の溝に平板状の本体を挿すのが良い気がしますね。
台座の奥行きは、短い方が格好は良いんですが
その分揺れに弱いです。どの幅がいいかは実験で確かめるしかないかも?

本体は、以前のタイプは均等に穴が空いていて
そこに差し込む様になっていましたが
今回は、ちょっと変化をつけてみました。
まず、正方形のタイプは、穴ではなくスリットにしてみました。
斜めと上下の短いスリットに挿す感じで、自由度が高いかな?
長方形丸穴タイプは、上部均等で下部には大きな穴を用意。
下にボリュームを作って、上を軽めに出来ます。

とはいえ、私自身がプリザーブド・フラワーアレンジをするわけではないので
これが果たして使い良いのかいまひとつ確信が持てません…(汗)
まずは、スケッチを起こしてみましたが、いろんな方から意見を聞いて
試作に入ろうかなぁ、と思っています。

pri062001pri062002pri062003

inada_design at 10:43│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔