2011年05月12日

燃える卵

本社のある高田馬場周辺には、私たちが扱う石と微妙に違う
パワーストーンを扱うショップが、色々あります。
石に携わる人間として、本社の女子も興味があるみたいで
時々、顔を出しているようです。
そんな女子からレポート写メが送られて来ましたので
今日と明日、ちょっとご紹介いたしますね。

まずは、何とも不思議でカラフルな卵。
何なんでしょうね?まるでアート作品のようです。
まぁ、卵のカタチは削りだしたんでしょうが…この色!
小窓のように見えるのはオパールですね。
あちこちに、色と透明感が違うモノが散見できます。
しかし、このオパールを包み込むような岩石の模様が
まるで墨流しのようなマーブル模様でビックリですねぇ。
浅学で、何という名前の石か判りませんが…
ショップでは、「ファイアーオパール・エッグ」と名付けられて売られていたとの事。
なるほどねぇ。炎に見立てているんですね。産地はアリゾナ州ツーソンだそうです。

いやいや、世界にはいろんな石があるもんですねぇ。
お値段は、一個5,400円。やっぱり、お高い!
しかし、「火が燃えているような赤色が、持ち主の情熱を呼びさましてくれる」
というコピーが付いていたそうです。
買った本人は、これからどんな事に情熱を燃やそうとしてるんでしょうか?(笑)
ストーン・マジックが発揮され、今以上に情熱家になったら…
いやいや、女子にウッカリした事は言えませんね。(汗)

egg051201egg051202egg051203

inada_design at 10:20│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔