2011年03月28日

宮澤賢治が愛した青い石

今朝、朝日新聞を見ていましたら「大学のお宝」という記事がありました。
マンガ学部のある京都精華大学には
手塚治虫をはじめ有名漫画家の鉛筆を持った右手の石膏像があったり
と、様々な大学に資産と言うよりは、その大学に縁の財産でした。
なかなか面白くて興味深く読んでいると、青森大学には「宮沢賢治の石」というのがありました。
どんな石なんだろうと思ったら、なんと宮沢賢治が集めた石は学問的にも
資産的にも全然価値は無いらしいです。(笑)
でも、宮沢賢治が集めた石と言うことで、一躍お宝扱いになったそうです。
なんだか、微笑ましくって良い話題だなぁ。

宮沢賢治が石好きとは知らなかったので
ちょっと調べてみると、賢治は青い石が好きだったようで
「トルコ石」は、文芸同人誌"アザリア"や
詩集"心象スケッチ 春と修羅"に寄せた作品でうたわれています。
ほかにも「天河石」と呼ばれるアマゾナイトや
「青宝石」サファイアなどが詩や短歌として詠まれていました。

でも、私は価値のない、いわばそこらに転がっている石のどこに惹かれて、
賢治が集めていたのか?その方に興味が湧きます。
なんの変哲もない石「賢治石」を見に青森大学に行ってみたくなりました。

kenjistorn

inada_design at 11:17│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔