2011年03月08日

大谷石を訪ねて

先日のことですが、宇都宮の大谷石採掘場に
お客様をお連れしながらスタッフが同道してまいりました。
大谷石好きの私は、羨ましかったですねぇ。
いつか、この地下採掘場には行ってみたいと思ってましたから…
(最初の写真が、採掘場です。)

大谷石は、フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテルに
ふんだんに使われたことで有名です。
今でも帝国ホテルのロビーには
新たに復刻された造形的な大谷石が鎮座していますね。
これを見にいくだけで帝国ホテルに行ったこともあります。(笑)

昔は、大谷石は火に強いと言うことで、塀や土台石に使われました。
ただし、水に弱いので長年の間にポロポロと風化してしまいます。
でも、室内ではその薄緑を帯びた色彩に
ミソと呼ばれる斑入りが散って、いつまでも実に良い感じ。
この美しさが再発見されて
最近では、小じゃれた和風ダイニングの壁や床に使われたり
温泉の浴槽に使われたりして、人気が高いです。
だって、暖かみがあって、落ち着きますもんねぇ。

昔、撮影したデータを探してみたところ
明治村の帝国ホテルの大谷石がありましたので
ご紹介がてら掲載いたします。
なんだかマヤの遺跡のようなオブジェは、
昔、帝国ホテルの玄関前の水場に置かれたものです。
キレイな大谷石の色を見てもお判りのように復刻モノです。
最後のは、旧帝国ホテルの一部が移築されてきたモノです。
長年の風雨に晒されて、すっかり色あせてしまっていますが
なんだか、風格が感じられますよねぇ。
ますますマヤ遺跡のように見えてきます。(笑)

いやぁ、やっぱり大谷石いいですねぇ。大好きです!

ohya030801ohya030802ohya030803

inada_design at 14:15│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔