2011年01月19日

阿吽の呼吸で守ります

今日は、本業ネタをひとつ。
昨年狭山市入間にある慈眼寺に仁王様を納めました。

仁王様は四天王像と違って寺門に安置されますので
雨風で痛んで国宝指定の像は3点ほどしかないそうです。
まぁ、そういうときは石屋の出番ですよねぇ。
石なら風雨に負けず、かえって経年変化の味が出てくるというものです。

ご存じでしょうが…
向かって右側(東側)は阿行像。向かって左側(西側)は吽行像です。
ミニうんちくですが、お寺や神社の門はすべて南向きです。
だから、向かって右側はいつも東なんですね。
道に迷って、神社かお寺に出たら、そこで門の位置を確認すれば
方角がわかるんですよぉ。

さて、仁王立ちと呼ばれる凛々しい姿で威嚇していて、実に格好いいですよねぇ。
実は私は、仁王様が大好きなんですよねぇ。
なんだか阿修羅以来の仏像ブームで、
あちこちカメラを持った歴女ならぬ仏女(ぶつじょ)を見かけますが
このお寺の仁王様も是非どうぞ。

ちなみに「手洗い」も納めさせて戴きました。
字は、ご住職の自筆です。

tera011901tera011902tera011903

inada_design at 15:56│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔