2010年08月09日

ただ、石を並べるだけ?

新聞の「読書」欄に石本泰博氏の「桂離宮」が紹介されていました。
その写真家としての高邁な思想は御本を見て戴くとして
コラムの載っていた一枚の写真に、私は目が釘付けになってしまいました。
「古書院前の延段(のべだん)と飛び石」というタイトルでした。
いやぁ、良いなぁ。

美は細部に宿ると言いますが、一見何の変哲も無い
石の小径の写真なんですが、これがとても美しいんです。
くの字に曲がった延段は、両サイドに比較的大きな石を配し
センター部分は、細かめの石で形成されています。
この造形がアートなんですよねぇ。
歩いたことがないので、何とも言えませんがきっと足にも優しいことでしょう。
桂離宮というと、その造形美やデザイン感覚に目が行きがちですが
こいう細部が優れているところが桂離宮の底時からなんでしょうねぇ。

今だと、シートに貼られた石を敷き詰めててコンクリートで固める。
なんて簡易な造作もありますが…
職人さんが吟味しながら並べた石は生きていますね。
延段と繋がる飛び石とのバランスも絶妙で美しいです。

とてもステキなモノを見ると、仕事に活かしたくなります。
パクリと言うのではなく、その場所に相応しい石の置き方を
日がな一日じっくりと吟味して並べる。そんな事がしてみたくなります。
今の世の中、なかなかそんな悠長なことは許されませんが…

せめて、自分の家のベランダくらい、そんなことをして見たくなりました。
それに…なんだか、桂離宮に行ってみたくなりました。

P1030833

inada_design at 12:08│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔