2010年04月27日

石段が観光資源

今日も新聞ネタですが…
コラムに伊香保温泉の石段が「365段」に増えたとありました。
延伸部分には栃木産の石を使い、温泉街が出来た
四百数十年前の風情が再現できたそうです。

そういえば、伊香保と言えば「石段」が有名ですね。
実は、伊香保の石段は360段といわれてたらしいのですが
実際には315段だったらしいです。これを機に、やっと元通りになったわけですね。
この伊香保温泉の観光資源である石段の場所も、実は非常に判りにくかったようです。
石段と県道の間に県の施設などがあり、
「どこに石段があるのか判りにくい」と観光客からは評判が悪かったので
この際、解体し石段と一体化し50段足したと書かれていました。

通常、石段ってあまり喜ばれませんよねぇ。
でも、石段作りって、オーバーに言えば人類の英知が詰まっています。
こうして、石段が観光資源として活躍してくれると
石屋としても、ちょっと嬉しいですね。…なんて。

step0426.jpg

inada_design at 10:30│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔