2010年04月22日

今年は奈良で石見物

今朝の事ですが…5月になると、奈良石舞台古墳で
世界遺産劇場が開かれるという、新聞記事が載っていました。
掲載の写真がドラマチックで、思わず目が惹かれました。
なんといっても、奈良は遷都1300年ということで注目を集めていて
このコンサートも、石舞台古墳を世界遺産正式登録にするための支援との事です。
そもそもこの石舞台、美しい女性に化けたキツネが
月夜の石の上で舞い踊ったとする伝承が残るわけで、コンサートには相応しいかも?

だいたい奈良明日香地方には、謎の石造物がたくさんありますよね。
有名なところでは、「亀石」「酒船石」「鬼の雪隠」。
その他にも、「二面石」「益田岩船」「猿石」などなど。
(行ってないので、写真でご紹介できないのが残念です。
まさか、人様のサイトから借りちゃうわけにもいかないので…)

これらの石造物達は、いまだに誰が何のために造ったのか未確定だそうです。
占星術に使ったとか?お墓?祭祀に使った?など、諸説色々とあるみたい。
でも、見れば見るほど不思議ですねぇ。
造った目的が判らない事というのは、ミステリアスな想像を喚起しますね。

時はもうすぐゴールデンウィーク。お休みに足を伸ばして奈良で石見物。
現地で、想像の幅を拡げてみたいなぁ…などと思ってしまいました。

ishibutai0422.jpg

inada_design at 10:58│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔