2009年12月09日

砕いた石を袋に詰めて…

新聞を見ていたら、「石焼き芋」の作り方がでていました。
なんのことはない、鍋の底に玉石を敷いて芋を乗せて火にかけるだけ。
これで、美味しい焼き芋が出来るらしい。

そいうえば、子供が小さい時は"芋掘り遠足"に行って
たくさんサツマイモ持って帰り、せっせと石焼き芋を作ったのを思い出しました。
その時は、"焼き芋器"を買ったんですよ。
なんだ、鍋と石があれば良かったんですねぇ。

でも、ふと玉石はどうするんだろう?
近くに川が流れていれば手に入りますが、都会ではそうもいかないです。
ホームセンターで買うにも大きな袋に入っていて困りそう。

工場には廃材がいっぱいあるので、
これを砕いて石焼き芋用の小袋を作ったらどうだろう?なんてね。
まーるくキレイに磨かれていなくっても
砕いた石は使い道が色々ありそうです。
猫よけに家周りのスペースに撒いても良いし、
細かめのは皿に盛ってキャンドルを置いても良さそう。
魚焼き器に敷いてもいいかも?です。

おぉ、なにやら廃材の使い道が見えてきそうな予感。
キレイな色の麻袋に詰めたらギフトにもなるかなぁ?

そうだ、受験生に「意志(石)貫徹」なんちゃって。

yakiimo1219.jpg

inada_design at 10:55│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔