2009年11月04日

INADA STONE EXHIBITION(四角いもの編)

昨日でINADA STONE EXHIBITIONも終わってしまいましたが
ご覧になった方々もいらっしゃるでしょうか?

今日からは、振り返る感じになりますが…「四角い物編」です。
まずはフラワーポット。
スクエアですが、所々を掘り下げて不変形が浮き彫りにされています。
この抽象的な景色が良いですねぇ。真っ四角なのも潔いですが
こういう遊びが愉しいです。

次は折り紙のように四角が交互に挟みこまれたオブジェ。
石なのに柔らかさを感じますね。

最後が、現代アートのようなオブジェ。
モノリスの様なキューブが、半分に割れて、内側はザラザラとした質感。
対峙して、ずっと見ることを求められているようです。
いかにも石らしい作品です。

こういうアート達が街中の歩道や公園などに進出して欲しいですね。
無粋なブロック塀やパイロン、ガードレールが無くなり
こういうアート達がその役割を担ったら愉しいのに!
なんて、思ってしまいました。

shikaku110201.jpgshikaku110202.jpgshikaku110203.jpg

inada_design at 11:40│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by いーしゃ   2009年11月04日 14:31
無口に見させてもらっておりましたが

御社の展示品って
(写真だけの拝見が 物足りないのですが)
なんだか いいなぁ

どういう方々が デザインされているのか
素人なのに 尊敬してしまう。
2. Posted by CAVA   2009年11月04日 16:28
いつもご覧頂き、ありがとうございます。
東京に出られる機会がありましたら
是非、ギャラリーで見ていただき、
ご意見の交換などが出来たら、とても嬉しいです。

おそらく、私が若干だけ下の世代かと思っていますが…
もしかしたら同世代?かもしれません。(笑)
3. Posted by いーしゃ   2009年11月05日 13:25
カラオケでは 
荒井(!)由美の
『卒業写真』を 
歌わずにはおれないのですが

歌いながら 気分、格好は
重い学生かばんをかかえて通う
ペギー葉山さんの『学生時代』、
なのでした・・
4. Posted by cava   2009年11月05日 15:19
蔦のからまる チャペルで〜 祈りを捧げた日〜♪
は、小6?中1でしょうか?
同じ頃の舟木和夫の高校3年生を熱唱した覚えがあります。(汗)
やはり、私の方が若輩でしょうか。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔