2009年09月08日

廃材から生まれたマンモス

デジカメは、失敗したら捨てちゃえばいいので気軽に撮れて良いのですが
ちょっと放っておくと、いつの間にか結構な量が溜まりますね。
今日のことですが、カメラのHDがいっぱいになりそうで整理しました。

そこで、先日、東京都現代美術館に行ったときに
展示室前のエントランスに置かれていたマンモス(?)の写真を見つけました。
これは、廃材の鉄くずなどで作られた大きな作品でした。
夏休み中で、子供達も結構居ましたので「おぉ〜」と歓声が上がっていたのを思い出しました。
子供達は、スケールの大きなものが大好きですもんね。

このマンモス。絵本に出てきそうなユーモアを感じさせる造形でした。
写真を見ているうちに、工場の廃材を使っても
こういう作品が出来るのじゃないだろうか?と、思いつきました。
もちろん、大きいと素人じゃ手に負えないかもしれませんが…
彫刻家の学生だったら、廃材で面白いモノが作れそうですよねぇ。
どこかの美術系大学に廃材を提供するのも良いなぁ…
産廃になる石に再び生気が宿るのは嬉しい事だなぁ。なんて、思って…
どこか。コラボしたいところは無いですかぁ?

zou090801.jpg

inada_design at 12:26│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔