2009年07月31日

富山で見つけた石のあれこれ(その3)

昨日まではエクステリアをご紹介していましたが
今日はインテリアです。

まず、圧巻はレストランの壁面です!
一面に均等に大理石などを配したモノは、よく見かけますが
ここでは、日本の石が存在感を見せつけています。
粗く割れた面を見せつつ、リズムよろしく石板が配されています。
斬新ですねぇ…趣があって実にイイ感じです。

確かにこの中で食べる食事は高そうですねぇ。
でも、ヨーロッパの洞窟イメージの石張りより落ち着きそう。

洗面台にも和石。大理石一辺倒ではなく
叩かれた石が柱となってイイ感じですねぇ。

ベンチもさすがに室内なので、木と石のコンビですね。
でも、石を単なる脚としての扱いにしていないで、
板からちょっとずらして、その存在感を見せているところなんかセンスありますね。
日本のホテルは、こうでなくっちゃ!
なんて、へんに共感しちゃいました。なかなか見応えがあります。

intetoyama073001.jpgintetoyama073002.jpgintetoyama073003.jpg

inada_design at 17:11│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 富山なのに元は加賀藩の領地なの   2009年08月01日 15:15
またまた長い名前で 失礼もうしあげます。

生来の下世話さで
値段ばかりに目がいって
内装だ調度だは 
目に入ってなかったのですね

は、はずかしい・・
2. Posted by cava   2009年08月02日 21:49
いやいや、地元の方にとっては、ごく普通なんでしょうねぇ。
富山に行ったメンバーは、「つい石見ちゃぅ〜」って言ってました。(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔