2009年06月24日

石の鳥小屋

ご同業の148さんのブログに
ちょっと前ですが、灯籠にセキレイが巣を作った話がエントリーされていました。
楽しみだなぁ…と思っていましたが、どうもカラスに襲われてしまったようです。
自然界は残酷です。でも、人間が軽はずみに手出しもできないし…などと考えていて、
それなら、石で巣箱ならぬ鳥小屋を作ったらどうだろう?と。

我がギャラリーの空中庭園にも鳥がやって来ます。
特に冬になると、枯れた苔を雀がついばみにやってきて
せっせと鉢の苔を剥がしてしまいます。巣作りに使うんでしょうねぇ。
で、人間は春にまた苔を貼るわけです。

このギャラリーの庭に置いてもいいなぁ、と考えたのが
卵形の鳥小屋。ツルンとした卵に小さい穴が1個。もちろん小鳥用です。
中をくり抜いて、後ろにフタを付けて接着剤で留めちゃいましょうか。
入り口が小さいから、カラスのクチバシは入らないでしょう?

もう一つは、四角柱の鳥小屋。
所々にエンタシスの様に置いたら面白いかも?前面にはラインの刻みを入れて
ちょっとデザイン的にしようかと思っています。
巣の入り口に、小さな石棒を突き立ててアクセント。親鳥が留まってもいいように。
こちらも天辺にカラスが留まっても、クチバシが入りません。

石だし、ちょっとやそっとじゃ壊れないね。防衛力ありそう?
庭からここに苔をせっせと運ばれても、文句は言いませんよぉ。

torigoya062401.jpgtorigoya062402.jpg

inada_design at 11:23│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 148   2009年06月25日 17:42
痛み入ります・・

棒状の長ぁいデザインの方!

小さい丸穴仕様ではないけど 高く高く作れば
大丈夫かしらと 頭ン中で思案していたのと似ている! 

でも入り口を小さくしておかないと
危険は一緒なんですね

そっかぁ・・とひとりで合点しました。

2. Posted by cava   2009年06月25日 23:28
やっぱり、148さんも考えました?
巣箱イメージより、石でスタイリッシュな鳥小屋の方がイイですよねぇ。
入り口を小さくすれば、カラスや、テンなどの捕食動物からは避けられるかも?
でも、ヘビは残念ながら避けられないですね。きっと。
だから、自然のなかに置くより、庭とかベランダ用でしょうか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔