2009年05月12日

庭園美術館は、石造形の宝庫(その2)

庭園美術館は、入り口に向かって左側に広い芝生の庭があり
石の彫刻が点在しています。(この話題はまた別の日に)
この庭から美術館の横顔を眺めると、外廊下が付いているのに目がとまりました。
想像ですが、広間でパーティが開催されているときに
裏方スタッフが通ったのでしょうか?
でも、外廊下って、昔の家の縁側みたいでステキです。

さすが宮家の外廊下なので、庭に向かって壁や扉が無く開放的なだけで
天井もランプも気の入った出来でした。天井漆喰のモールディングがキレイ。

そして、なにより屋根はあっても外なので、風雨を考えてでしょうか?
支柱、壁、床が総大理石貼りでした。淡いグレーがオシャレです。

左右に扉があって、廊下がこれを結んでいるのですが
左に向かっての芝生の庭方向は角柱が並び、途中から右方向には円柱が並びます。
このあたり、こだわりがないと出来ませんねぇ。オモシロイ!

廊下なので椅子は並んでいませんが、もしカウチがあったら
夏でも日差しが遮られ、渡る風を浴びながら本を読んだり出来て良い感じです。
素足に大理石も気持ちよさそう!外廊下、贅沢でイイですねぇ。

teienbijutsukan0504.jpgteienbijutsukan0505.jpg

inada_design at 10:52│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔