2009年05月11日

庭園美術館は、石造形の宝庫

なが〜〜いゴールデンウィークの休みの間に
庭園美術館に遊びに行きました。ここは東京、目黒にある
昔の朝香宮邸が美術館になっているところです。広大な庭園も見ものです。

アールデコ様式の建物は、とてもキレイに石が造作されていたので
展示よりも石使いの楽しさをリサーチする方に気が向いちゃいました。
今日からしばらく、ここで見た"石造形"をリポートしたいと思います。

まずは外観。
バルコニーや出窓など丸みを帯びた造作があちこちに見られます。
入り口もアーチになっていて、アールデコ様式がキチッと守られています。
バルコニーの縁にも幾何学模様が彫り込まれオシャレ!
玄関アーチを抜けると、正面にはエッチングガラスがはめ込まれていて、これもお約束通り。
足下には石のモザイクがキレイに形作られていて、とても華やかです。

昔の宮様は見識が高く、無造作なところはどこにもなく
アールデコの約束事が、キチンと守られ美しく仕上がっておりました。

しかし、庭は芝生貼りですが奥には茶室もあり和洋折衷。
そいえば玄関先に狛犬が阿吽と並んでいましたが、これもアールデコによくマッチしていました。
こんな、遊び心がたくさんあり、外国の方々を招いてのパーティ時に
オリエンタル・ホスピタリティが発揮できるように設えられていました。
このあたりは、おいおいご紹介したいと思います。

teienbijutsukan0501.jpgteienbijutsukan0502.jpgteienbijutsukan0503.jpg

inada_design at 16:13│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔