2009年04月30日

イタリアン・デザイン・ストーン

石屋には、いろんなカタログが送られてきたり
または、展示会で気になったメーカーのを貰ったりと…
パンフレットやカタログが結構あります。もちろん日本のだけはなく
中国やヨーロッパなど様々です。

今日は、そんな中から、イタリアのカタログをペラペラと見ていて
面白いなぁと思ったモノを、ご紹介したいと思います。

まずは、イナダの"デザイン石"にもある"マルチホルダー"。
石に刻みを入れて、そこに名刺やカードを挟む仕掛けは一緒です。
考えることは、いずこも同じと言うことでしょうか?
で、違うのはイタリアならではの造形美でしょうかねぇ。
ワビ・サビの日本では、自然石に刻みを入れましたが…(まるで日本代表みたいですが)
彼の地のデザイナーは糸車みたいな、はたまた鼓のようなカタチ。
いずれにしても大理石がイタリアっぽい雰囲気でイイですね。

でも、イタリアのデザイン石に、やられたなぁと思うところがありました。
それは、ひっくり返すとクリップ置きになってるんです。
ぐい飲みみたいですが、これは便利かもしれません。
プッシュピンやゼムクリップ置きとしてシャレてますもんね。

itaria043001.jpgitaria043002.jpg

inada_design at 17:37│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔