2009年03月30日

「アーティスト・ファイル2009」村井さんの作品(その4)

村井さんの作品の紹介も今日が最後。
そして、今週末4月5日(日)が、村井さんのワークショップの日です。
外れてしまった私はつくづく残念ですが
イナダからは、ひとり参加しますので、その時の様子を聞こうと思っています。

さて、最後の作品は「現代つくばい」とでも言いましょうか?
矩形の片側だけが彫り込まれて、満々と水を貯めています。
いずれも空や木々が水の表面に映って、
なにやら石の作品が自然物のように見えてきます。もちろん石自体は自然物ですが
四角く切り取られていても、もともと自然に有ったように思えます。

猿酒ができたという木の祠のようですね。しかも、それが矩形でスタイリッシュ!
愉しいですねぇ。
この中は、先週ご紹介したモノのように、斜めに彫り込まれているんでしょうか?
見えないところにも、きっと作家の意志は発揮されているでしょうね。
美術館を離れた街中や自然の中で、見てみたい気がする作品です。

murai31807.jpgmurai31808.jpg

inada_design at 10:19│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔