2009年03月19日

ちょっとした、お知らせ

本当は、昨日に続いてLeide社の製品をご紹介しようと思っていましたが
急遽変更して、アーティスト村井進吾さんのワークショップをご紹介します。
と言うのも、いま国立新美術館で「アーティスト・ファイル2009」が開催されています。
その中に、石を使ったアートがあって、その作家が村井進吾さんです。
この展覧会には、私も行ってきましたので、後々ご紹介しようと思っていました。

そして、この展覧会関連のアーティスト・ワークショップとして
村井進吾さんの「石から生み出すいろいろなカタチ」が、4月5日に開かれます。
で、この応募締め切りが、来週の月曜日3月23日なので(メール応募でOKです)
急遽、ご紹介しておきたいと思ったわけです。
このブログで、石に興味を持って戴き、石と遊ぼうと思われる方は是非ご応募を!
以下に国立新美術館のHPに記載されている原稿を転載いたしますね。

以下抜粋────────────────────────────────
アーティスト・ファイル2009関連ワークショップ第2弾の講師は、
黒御影石を素材として作品を制作している村井進吾さんです。
となれば、取り上げるのはやっぱり「石」。いろいろな形をした黒御影石の断片を使って、
自分だけの新しい造形にチャレンジします。
村井さんの作品制作の過程で出る、何千という石片。その石片を組み合わせていくと、
何通りもの新しい形が生まれてきます。作品を生み出す段階で断ち落とされた、
様々な形の石の端材から、新たな造形の作品が生まれてくるのです。手のひらに乗せると、
ヒンヤリと冷たくてズッシリと重い黒御影石。その小さな断片から、
一体どんな新しい形が生まれてくるのでしょうか。
春もうららの日曜日、石と造形の魅力を思いきり体感してください。

■日時:2009年4月5日(日) 13:30〜17:00
■講師:村井 進吾 氏(彫刻家、「アーティスト・ファイル2009」出品作家)
■会場:国立新美術館 別館3階多目的ルーム他
■対象:小学校4年生以上 大人まで
■定員:20名
■参加費:1人1000円
■応募方法

下記の必要事項1〜6を明記のうえ、はがき又はE-mail(宛先:workshop20090405@nact.jp)
にてご応募ください。E-mailでお申込みの場合は、
件名を「石から生み出すいろいろなカタチ」参加希望としてください。
1. 「石から生み出すいろいろなカタチ」参加希望
2. 名前(ふりがな)
3. 年齢
4. 住所
5. 連絡先電話番号
6. E-mailでお申込みの方は、返信先E-mailアドレス(なるべく携帯電話のアドレスではないもの)
────────────────────────────────ここまで
どうですか、なんか愉しそうですよねぇ。
私も申し込もうか?今悩み中です。

singo0319.jpg

inada_design at 12:17│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔