2009年01月22日

ビンタン島のスパでのんびり

コンラッドホテルは、欧州の香りがするホテルで
大理石が豊富に使われていましたが
ビンタン島は、一転してアジアンリゾートの趣でした。
使われている石も、島特有の自然石が多く、ホッと和みますねぇ。

スパの入り口には、板石がグリッドに貼られていました。
グレーシュな割石の間の目地がオレンジでオシャレ。

リラクゼーションスペースは、お城の城壁のように
自然石が積み上げられていて、パッと目は和な感じです。
人は寛ぐ時、木や石など自然のモノに囲まれてると安心するんでしょうねぇ、

このスパの棚は、イナダ六本木ギャラリーの展示台にそっくりでした。
横板は木製でしたが、意匠は同じ感じです。
人間、国を超えても考えることはにてるんでしょうか?

このスパでの石使いは、このまま一般家庭で使えるモノばかり。
和みの家は、こうして自然石を取り込むことでできそうですね。

spa012201.jpgspa012202.jpgspa012203.jpg

inada_design at 11:25│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔