2008年12月19日

まちづくり奮闘って、イイ感じ

今朝の朝日新聞に、目を惹く石の写真が載っていました。
なんだろう?と読むと、神奈川県真鶴町の"まちづくり"のお話しでした。
地場の材料を上手く取り入れ、景観整備に力を注いでいて
その結果、住みたい町として人が流入しているそうです。

建築主と街が協議して美しさを引き出している「美の条例」と呼ばれるものが
とても良いんですねぇ。路地や垣根、屋根などが
日本の原風景みたいで心地よい。

で、写真なんですが"背戸道"でした。
背戸道とは細い路地で、ここが真鶴らしい景観のうようです。
真鶴はもともと"小松石"の産地なので
この小松があちこちに使われています。
私も、この小松の灰緑色の色味が大好きなんですが…
これが石垣や垣根に使われて独特の意匠になってるようです。

アップした写真は、なかでも意匠に凝った背戸道ですねぇ。
路地だからクルマは、入ってこないでしょうし
渦みたいな石が埋められて、自転車も飛ばせないし
何より見た目がイイですよねぇ。感心して、関心しちゃいました。

なんか記事を見ていたら、行きたくなってきました。

manazuru1219.jpg

inada_design at 11:18│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔