2008年11月27日

テーブルが生き返る

10月23日の記事で、アンティークのコーヒーテーブルの
表面に石板を置こうと思うと書きましたが
やっと、工場のK君が、忙しさの合間を縫って作ってくれました。

私の大好きな"B-ブラウン"という、茶ともグレーとも言えない
微妙な色なんですが、イイ感じの石で仕上がりました。
直径45cm、厚みは8mmほどでしょうか?でも、この薄さが難しいんですけどね。
実は、最初にお願いしたとき、本磨きなら1.5cmの厚さになると言われました。
圧をかけるので薄いと割れちゃうんですね。
でも、コーヒーテーブルの天板の大きさを考えると
1.5cmもあったら、バランスが悪いので、無理を言って薄くしてもらいました。
おかげで、意外と軽く女性でも楽々と持てます。

早速、コーヒーテーブルに置いてみるとバッチリ!
天板が木部より暗く高級感もあります。
天板はフチが丸くラウンドして、何重ものアールがあります。
この一番小さい口径に合わせたので、石板の外に木部が丸くはみ出します。
ここが、格好良さのポイントです。(笑)

天板が石だから、熱いコーヒーを置いても大丈夫です。
ちょっと傷ついた家具は、こうやって生き返らせると良いですよぉ。

table112701.jpgtable112702.jpgtable112703.jpg

inada_design at 10:39│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔