2008年11月04日

INADA Stone Exhibition「小さいのと大きいの」

イナダ・ストーン・エキジビションで、デザイン石そっくりのアイテムを発見!
デザイナーの発想は、やはり似てるんでしょうか?

それは、大きな植木鉢(?)でした。
ひと抱え以上の大きさの自然石に、規則正しく穴を穿ったもの。
覗いてみましたが貫通穴かどうかは判りませんでした。
けど、刺さっている植木は枯れ枯れなんで、植木鉢としてより
アレンジ台と言う考えでしょうか?

我が社のデザイン石では、手を合わせたくらいの大きさの自然石に
やはり穴を開け、ペンホルダーや
歯ブラシスタンドとして使えるアイテムがあります。
石の材質も似ていてビックリです。

エキジビション作品では、貫通穴にして
種をこの穴に蒔いたら面白いかと思いました。
芽吹きが難しいかもしれませんが、もしこの狭い穴を伸びてきたら
ちょっと造形的にも心惹かれるものになりそうですよねぇ。

kaki110401.jpgkaki110402.jpg

inada_design at 10:21│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔