2008年10月28日

INADA Stone Exhibition「お帰り〜」

今日は、イナダストーンエキジビションから動物ものをご紹介します。
やはり、グラフィックデザイナーが表現するので
このあたりは、カワイクってイイ感じですねぇ。
立体なのに、平面的なかわいらしさが感じられます。

最初のはクマですね。なんか、「ヨッ!」って感じでひょうきん。
こんなのが、玄関で迎えてくれたら嬉しいです。
まぁ、こんな大きくなくってもイイんですが…
出迎えと言ったら…イヌもいました。スコッチテリア?
でっかいブックエンドのように、小屋の出口に頭。入り口にお尻で胴がありません。
マジック的というかシュールというか?
でも、全体に醸し出されてる明るいユーモアが心休みます。

ウエルカムドックのようにリアルな陶器製のイヌが迎えてくれるより
私は、ユーモラスなクマやイヌが迎えてくれたら嬉しい!
つい、「ヨッ、ただいま!」とか言っちゃいそうです。

inadase102801.jpginadase102802.jpginadase102803.jpg

inada_design at 12:12│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by エッチュー   2008年10月28日 12:58
5 保育園、幼稚園あるいは小学校の入り口に
上のようなほのぼのクマさんの置物があったら

登園、登校拒否のお子さんでも 
にこにこ顔で行けるかも。

2. Posted by cava   2008年10月28日 13:52
ですよねぇ〜。学校って、カッコイイ方に向かいがちですが
それが、ちょっと古めですよね。
高校でも大学でも、コンサバティブよりユーモアというかヒューモアというか?
そっち方向に行って欲しいなぁ…なんて。
エッチューって、富山?別名??(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔