2008年08月27日

アートついでに、イサム・ノグチ

カード会社から送られてくる雑誌をペラペラと見ていたら
おっ、オシャレな庭石が映ってるなぁというページに出会いました。

よく読むと、かのイサム・ノグチの作品でした。
ニューヨークのロングアイランドシティにある
イサム・ノグチ・ガーデン・ミュージアムの庭園とのこと。
ここは禅の美学に基づく庭園とシンプルな工房が合体したような空間で
ここでしか見られない作品も多いらしいです。

写真の作品は、ノグチの代表作と言われ
三つに割ったモノリスを、もう一度組み合わせてひとつにした作品で
タイトルは「輝き」。
さすが、禅の美学の庭園に相応しいシンプルだけど奥が深い作品ですね。

こういうのに出会っちゃうと、圧倒されます。
見ちゃった後は、簡単に作れそうと思いますが…それじゃぁパクリでしょ。
コロンブスの卵じゃないけど、発想が全て。
深遠なる思慮が作品を創るんですねぇ。なんて、ちょっと真面目になっちゃいました。

isamunoguti81901.jpgisamunoguti81902.jpg

inada_design at 14:08│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔