2008年07月07日

展示台、いよいよ設置

工場から六本木のギャラリーへ、展示台の材料が運ばれてきました。
雨で水を吸った大谷石を眺めながら
今日は運び入れるだけで、組上げはできないかなぁ?などと
トラックを囲んで、しばし鳩首会談。

まぁ、あげちゃおう!と言うことで手運びで3階へ。
これは、思いの外重労働で、しばし休憩してると
大谷石の水気も抜けてきたので、組む事になりました。

仙台石の底板を設置し、水準器で平行を取ります。
次ぎにコの字型に切り出した大谷石を設置。
金属ボルトを4箇所埋め込み、仙台石の棚板の穴と合わせます。
コーキング材を詰めて、しっかりと留めます。
仙台石は硯石みたいで、乾いているとグレーで
濡れるとしっとり黒くなりイイ感じです。大谷石とのコントラストもなかなか。

朝からやり始めましたが…まだ半ば。
結構、時間のかかる作業です。ということで、続きは明日。

tanatukuri 70701.jpgtanatukuri 70702.jpgtanatukuri 70703.jpg

inada_design at 12:38│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔