2008年02月22日

石の刻印って、いいかも?

ちょっと前の朝日新聞に、"刻印石"というタイトルで記事がありました。
どういう内容かというと…
六甲山にある芦屋大には大阪城ゆかりの石があるそうです。
2メートルくらいの花崗岩なんですが、ここに直径30cmの印が彫ってあり
これが「刻印石」というらしいです。

芦屋はもともと徳川家が大阪城の石垣を作るための石の採掘場だったそうです。
六甲山が、良質の花崗岩の産地だからなんでしょうね。
そして、諸藩から人が集められ採掘作業をした祭に、
各藩が石の所有権を表すために、ノミで家紋などを彫ったようです。
これが今や、歴史的お宝として歴史愛好家が訪ねてくる人気だとか。

そういえば、陶器でも裏の高台あたりに「窯印」を切ったりしますよねぇ。
なんか、粋な感じがするのでイナダでも
デザイン石に、刻印を入れようかなぁ?なんて思っちゃいました。
例えば、イナダの「イ」なんてね。ノミで簡単に入れられるのでイイかもしれないなぁ。
まぁ、模造品を防ぐなんて大層な意味は無くて…シャレでね。

kokuin22201.jpgkokuin22202.jpg

inada_design at 11:05│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔