2007年12月21日

インドで世界遺産の遺跡を見る(アジャンタ石窟その2)

アジャンタ石窟は仏教窟ですので、たくさんの仏像があります。
例えば、最初のは第9窟、そして第19窟、最後が第26窟。
このように、時代と供に意匠も変わりますが
その技術は伝承され、確実に磨かれていっています。

2番目の写真の右下に人が写っていますが、これで大きさがわかると思います。
更に脇の柱や天井を考えると、いったいどれだけの歳月を掛けて
作られたんだろうと、オドロキを通り越して見惚れてしまいます。
しかも、穴の中ですからねぇ。閉所恐怖症の私には考えられません。

いま、これを作るとなったら機械を使ったとしても
膨大な費用がかかるでしょうから…
こういうモノは、なんとしても残し伝えていって貰いたいと思いますねぇ。

アジャンタ石窟。壁画に仏塔、回廊と見るべきモノが多かったです。

india122101.jpgindia122103.jpgindia122102.jpg

inada_design at 10:48│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔